日本初!ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」11月新たに11拠点オープン!
開設サポートに便利な参画企業専用ECサイトもオープン

プレスリリース事業所オープンわおんアニスピ

保護犬・猫と暮らす障がい者グループホームを展開する株式会社アニスピホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤田英明、以下「当社」)は、11月1日付けで、「わおん」の新たな事業所が11拠点オープンいたしましたので、お知らせします。

ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」

 「わおん」は、ペットケアと専門知識を持つスタッフによって実現した、日本初のサービスです。一般的な障がい者グループホームと異なり、ペット共生型障がい者グループホームとして、グループホームで保護犬・保護猫を引き取ります。入居者の方々が動物と一緒に暮らすことで、アニマルセラピー効果により心を癒すことができると共に、「わおん」のグループホームが1つできるごとに、殺処分される犬・猫の命が救われます。

この度、11月1日付けで、8法人・11拠点の「わおん」事業所が新たにオープンいたしました。参画企業募集は2018年8月よりスタートし、これまでのオープン累計は、70法人・123拠点となります。

【2019年11月1日 オープン!おもな店舗】

グループホーム花梨(熊本市東区)・にゃおんレホナ明石大久保Ⅰ号館(兵庫県明石市)・グループホームたすく1号館、グループホームたすく2号館(神奈川県横須賀市)・ミライフ 足立本木東の家(東京都足立区)・みなとホーム1号、みなとホーム2号(北海道旭川市)・グループホームわおん木曽東1号館、グループホームわおん本町田1号館(東京都町田市)・わおんエミナ1号館(埼玉県北本市)・ヒーローズ岸和田2号(大阪府岸和田市)

参画企業様専用ECサイトオープン!

  グループホームの開設に必要なITツールや実務用品、人材紹介やレンタル用品などが揃う参画企業専用のECサイトがオープンしました。オンライン特別価格で簡単に注文でき、開設に必要な商品もすぐに探すことができます。

殺処分ゼロへ!社会問題の解決に「わおん」事業で取り組みます

現在日本では、年間約50,000頭(※)もの罪のない犬や猫が殺処分されています。

障がい者グループホーム「わおん」では、殺処分される犬や猫を預かり共に暮らしています。

1頭でも多くの犬や猫の命が救えるとともに、動物介在活動によって障がい者の方々の生活の質(QOL)を向上させ、最終的にはヨーロッパやアメリカ以上に「動物フレンドリーな社会」を実現していこうと考えています。

※日本の平成29年度の殺処分数 は43,216頭(平成29年度)に上り、このうち46%に当たる犬2,521頭、猫17,282頭は各自治体によって「譲渡適正がある」と判断されたのにも関わらず、保健所の収容スペースなどの問題から殺処分された、救えた可能性のある命でした。参考:動物愛護管理行政事務提要(H30年度版)

 

専門家も注目!アニマルセラピー効果も

「精神障害・知的障害・認知症への効果も」/淑徳大学短期大学部 名誉教授 亀山幸吉

私が知る範囲では特養施設で昭和の後半から平成移行期あたりで横浜市旭区の「さくら苑」が比較的早く、施設内で犬等を飼われ、認知症等の方の心の安定、癒しに極めて有効であるとの先駆性が福祉的に評価され、それまでの施設内に動物を飼う事は意味がないとか、福祉・介護専門職にとって過重業務との批判を克服し、今ではかなりの認知症等の高齢者施設で犬等の動物を飼われ、今ではセラピー(療法)としてアニマルセラピーとして評価されています。

岡山笠岡の「きのこグループ(医療・介護施設)」では認知症ピック病対応で有名ですがかなりの犬等のふれあいの有効 性が確認されています。認知症等の高齢者に限らず、精神的、知的障害にとってもその関わりの意義は認められているところです。

〈会社概要〉

会社名:株式会社アニスピホールディングス(旧社名:株式会社CARE PETS)
所在地:東京都千代田区九段南2-4-4 三和九段ビル5階8階
代表者:藤田 英明
設立:2016年8月5日
資本金:5,300万円
URL: https://anispi.co.jp/

事業内容:ペット共生型障がい者グループホーム施設「わおん」「にゃおん」運営

動物看護師によるホームケアサービス「ケアペッツ」運営

空き家の開発・再利用提案「空き家活用研究所」運営など

 

報道関係者様のお問合わせ先

株式会社アニスピホールディングス
マーケティング部 広報担当 ⻑行司(ちょうぎょうじ)
TEL:03-6421-2311 FAX:03-6421-237
090-7946-2688(⻑行司携帯)
MAIL:pr@anispi.co.jp