【スタッフインタビュー】パートナー開発部 寺島

スタッフインタビューお知らせメディア掲載アニスピ

今回は、パートナー開発部 開発営業課のスタッフ、寺島にインタビューを行いました!
いつもおっとりしている寺島の、素顔に迫ります!
 
Article content
 

前職は何をしていましたか?

前職は、介護職でした。特別養護老人ホームで、実際に入居者さんの介助を行なっていたんです。
 
介護福祉業界なんですね。どうしてアニスピに転職したのですか?
実は、大学で動物のことを学んでいました。前回のインタビューに登場した濵田さんと同じ大学・学部なんです。以前から動物の殺処分問題に関心があったので、動物を救えるような仕事で自分にできることがないかなと求人を探していました。
そんな中、わおんグループホームの求人を見つけて、働きたい!と思ったんです。でも、わおんの現場ではサービス管理責任者など有資格者の募集しかなく、その時私にできそうな求人がなかったんです。そこで本社求人の方を調べて見たら、今のポジションの募集を見つけて、これなら私にもできそう!と思って応募しました。

 

なんと、わおんの求人で当社を知ったんですね!そこから本社求人も調べるとは!なかなか熱いですね。そのおっとりした雰囲気からは想像がつきませんでした。(笑)

よく言われます。それ素なの?とか(笑)。
でも、実はこう見えても、人と同じはいやだ!とか、右倣えはいやだ!という気持ちが心の根底にあったり、自分でこうしたいと思ったことは、積極的に行動に移すタイプなんですよ。
Article content
 

まさに「アニマルスピリッツ」を持っているんですね!今のお仕事内容は、どんなことをしていますか?

「わおん」事業に資料請求のあったお客様に対してアプローチを行っています。お電話の他にも、大型の説明会や面談、イベントなどで、事業モデルの詳しいご説明をして、理念にご賛同いただけたお客様にわおん事業へ参画していただくところまでを担当しています。
全国に飛び回って説明会もやっているので、割と体力は必要な仕事ですね。
 

なるほど。業界こそ近いものの、前職とはだいぶ仕事内容が違うと思いますが、どうですか?

日々、先輩たちの背中を見て、勉強しながら頑張っています。部長・課長のお二人は時に厳しく、優しく指導・フォローしてくださいます。すごく尊敬できる方達なので、ここでそう思える人たちに出会えて、一緒に働けてよかったと思っています。
人とお話しすることは元来好きですし、仕事もメリハリを持って取り組めていますね。

 

お〜、それは部長・課長に伝えないとですね!どんなところがやりがいですか?

やっぱり、参画してくださるお客様が一人増えることがグループホームの開設に繋がり、その開設が最終的には殺処分から犬・猫を救うことにつながっている点ですね。自分自身の仕事が回り回って犬・猫を救っていると思えることが、仕事のモチベーションになっています。
自分が担当したお客様のグループホームがいよいよ開設になる時は、とっても嬉しい気持ちになりますね。
 

なるほど。やっぱり、うちの会社は動物への愛が強いスタッフが多いですよね。

そうですね!私はうさぎを飼っています。仕事が終わって帰ってから、家でうさぎをもふもふするとすごく癒されますね・・・。将来は、自分で保護犬の一時預かりと譲渡もやってみたいです。
 
Article content

 

最後に、営業開発課のスタッフ募集に向けて、どんな仲間と一緒に働きたいか教えてください。

自分自身の成長はもちろん、自分たちの事業を通じて社会に貢献したい、犬・猫を助けたいという志のある方と一緒にお仕事がしたいです。
異業種からチャレンジしている仲間もたくさんいますので、ぜひ別の業界からでも積極的にご応募して欲しいですね。
 
ありがとうございました!