保護犬・保護猫と暮らす障がい者グループホーム ONE HOME for ONE LIFE. ペット共生型福祉施設が1つできるごとに殺処分される犬・猫の命が必ず救われます。

わおんとは?

保護犬・保護猫と暮らす、障がい者グループホームです。
ペットケア設備と専門知識を持つスタッフによって実現した、日本初のサービスです。

ペットケアの魅力

「アニマルセラピー」が科学的に証明されているように、ペットと生きる毎日は希望と活力を与えてくれるだけでなく、精神障がいの症状改善や認知症予防につながることが期待されます。

動物介在活動(Animal Assisted Activity)は、身体的・精神的苦痛の緩和ケアとして有用であったり、QOL(Quality Of Life, 「生活の質」)の向上に寄与していたりといった事例が数多く報告されています。

「わおん」では、障がいを持った方が動物と一緒に過ごすことのできるグループホームを整備し、ペットと人にとっての福祉を追求していきます。

心理的効果

元気な気持ちになる・くつろぎ効果・笑う機会が増える・親密な感情を生む・回想作用等。

生理的効果

病気の回復を助ける・刺激やリラックス効果・血圧やコレステロール値の低下・運動の機会が増える・楽しんでリハビリテーションができる。

社会的効果

人との出会いのきっかけができる・コミュニケーションのきっかけになる・人間関係がスムーズになる・身体的、経済的な自立を支える。