ニュース

〈実施報告〉ペットホテル&わんこの看護・介護施設「Doggy’s Home(ドギーズホーム)」
内覧会とプレオープニングイベントを開催

ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」を展開する株式会社アニスピホールディングス(東京都千代田区、代表取締役:藤田英明、以下「当社」)は、2020年12月1日にプレオープンしたペットホテル&わんこの看護・介護施設「Doggy’s Home(ドギーズホーム)」の内覧会とプレオープニングイベントを開催しましたのでご報告いたします。

 

ドギーズホームでは、ペットホテルと犬の看護・介護施設の2つのサービスを提供しています。
ペットホテルでは最短1時間からお預かりが可能で、全ての年齢の犬を対象としています。犬の看護・介護施設は、高齢化や病気により在宅での介護が困難になった犬とその飼い主のために、看取りを含めた終身介護サービスを提供する老犬ホームです。獣医による往診や犬の整体師による施術など、犬一匹ごとの個性や体調に応じたケアを行います。
ドギーズホームの建物は、防音加工を施した壁や滑りにくいフローリングなど犬のことを第一に考えた内装に加え、約20頭分の明るく開放的な犬舎を設けています。日中は動物看護師等の有資格者が付き添いのもと、フリースペースや屋外のドッグランでのびのびと自由に過ごすことができます。
 

飼育環境の向上や動物医療の発達により、飼育されている犬・猫の高齢化は年々進んでいます。飼い主の高齢化も相まって、高齢飼い主×高齢ペットという状況や、飼い主よりも長生きするペットが多数出現することが想定されています。ドギーズホームでは、そのような飼い主の亡き後に取り残される愛犬や、長期間にわたり介護が必要な老犬が安心して暮らし続けることができるような「第2の家」を提供していきます。
 

 

〈ペットホテル&わんこの看護・介護施設「Doggy’s Home(ドギーズホーム)」〉
住所:埼玉県北本市東間1-31-4
電話番号:080-3466-0211
営業時間:8:00~22:00
動物取扱に関する登録:保管、譲受飼育(第56-0397号、第56-0398号)
※2021年1月15日までは、ペットホテル及び日中預かりのサービスのみの提供となります。

 

日本初!(※)ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」
当社が展開するペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」は、「障がい者グループホームの不足」、「空き家問題」、「ペット殺処分問題」の解決・貢献を目的とした事業を展開する日本初(※)のビジネスです。「わおん」「にゃおん」は、一般的な障がい者グループホームと異なり、保護犬や保護猫の引き取りを推奨し、動物との共生環境を整えています。動物とのふれあいを通じて、心が癒されたり、コミュニケーションを促進するアニマルセラピー効果が期待できると共に、殺処分される犬・猫の命を救います。 ※自社調べ

 

〈株式会社アニスピホールディングスについて〉

株式会社アニスピホールディングスは 2016年に設立、「人間福祉と動物福祉の追求」を企業理念とし、社会問題を事業で解決する「ISSUE DRIVEN COMPANY(イシュードリブンカンパニー)」として、「障がい者グループホームの不足」、「空き家問題」、「ペット殺処分問題」の解決にホールディングス一丸となって取り組んでいます。

人間福祉と動物福祉を中心とした事業を展開、ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」事業、運動療法メインの障がい者生活介護「ワーカウト」事業、100%動物看護師によるペットシッターサービス「ケアペッツ」事業と老犬福祉のための老犬ホーム「Doggy’s Home」事業、それぞれの事業に関連する様々な用品の企画・開発・販売「ふくすけ」事業、厚生労働省発表Q&A ~障害福祉事業者専用~ サイト運営、サービス管理責任者職能団体として質の向上を支援する一般社団法人サービス管理責任者協会の事務局を展開しています。

また、障がい領域の運営管理・請求システム「しょ~あっぷ」の開発・販売をしている株式会社キュワンシステム、空き家物件を始めとする物件提供・土地活用を提案する株式会社空き家活用研究所、マイノリティのためのお役立ち情報&コミュニティを提供する株式会社アイデアル、障がい・保育・看護・介護に特化した人材サービスを提供するスターメッド株式会社を子会社および関連会社に持ち、全方位のトータルサポートを提供しています。

 

〈会社概要〉
会社名:株式会社アニスピホールディングス
所在地:東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル3階
代表者:藤田 英明